1月の成績と反省。

皆さまこんにちは!ウイングです。

いつもご覧になっていただきありがとうございます。さて今回は1月の成績と反省点を残しておきたいと思います。

結論から言いますと1月は…40Pips程マイナスになってしまいました。

1月は3日~7日は取引せずに10日から始めまして、14日間取引しました。

日数別の勝敗は8勝6敗で勝った日のプラスよりも負けた日のマイナスの方が大きく、これは一つ一つのトレードに関しても言える事でした。

何故こんな事が起こるのかと言うと損切の手前で最初にエントリーしたロットの倍をエントリーする事が多いので、プラマイゼロで逃げれたりプラスに持ち込んだりできる一方でそのまま逆向した場合想定以上の損失になるためです。

では回避する為に何ができるのかと言うと反発する「精度」を上げていくしかないという事に気付きました。

気づかない内に自分本位というよりは希望的なトレードをしてしまっていて、いつの間にか「この価格にきたらエントリーしよう、損切しよう」から「プラテンしたら切ろうとか、せっかく見てるんだからエントリーしたい」と言ったように気付かないうちに「自分本位や希望、願望」と言った感情が入っていました。

したがって「理」ではなく「情」のトレードになっていて、やっぱりそういう時は負けますし、精度なんて全く無いです。

後はエントリーに責任を持つという事ができていない場合が多い事ですね。

私の「クセ」なんですが一旦思った方向に伸びていった後、決済ポイントまでいかずに建値付近に戻ってしまった時に決済してしまう時があるのですが、コレは含み益が出てた後にマイナスになる事がすごく嫌っているようで、負けたくない気持ちが強すぎるように自己分析しています。

いずれの場合も自分というものが出てきた時にやってしまう悪手で、今更ながらFXはメンタルが重要というのを改めて感じています。

1月を振り返ると何故こんなトコでポジション持ったんだ?と言うのが結構あって、勝ち癖がついた事で舐めたエントリーを連発してしまってました。(それでもまぁまぁ勝つのが癌ですが…)

2月はその点を深く反省し、必ずプラスで終わらせたいと思います。

長々と読んで頂いてありがとうございました。また更新するのでご覧になってください!よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。