2月22日 GBP/CAD ロンドン時間

皆さんこんにちは。ウイングです。

今回はGBP/CADの逆張りを狙ってみました。

日足

少し前までどちらに行くか解りにくい感じだったが日足レベルの時間足ならロングで狙いたい感じ…

4時間足

全体的にレンジっぽいトコロから上に抜けて戻ってきた…赤〇の高値が意識されて反発する可能性がある…

1時間足

綺麗な三尊を描いて下落…赤〇の1.73000はそこそこ意識されていそう。さらに100SMA200SMA(緑と紫のSMA)は上昇中。

5分足

16:30あたりから強い下落を示す…17:00に1.7300付近まで下落。

5分足と言うよりは各上位足でロングへの資金が入ってきそうな形に思えたので昨日の安値(水色の点線)緑の〇でロングエントリー、損切は10Pips程逆向した付近(つまり1時間足の100SMA)の値動きを見て損切を判断する、利確は3日前の高値(オレンジのチェック)かSMA20にタッチ(赤のSMA)で全決済予定でした。

結果的に他のGPB系が下落してるにもかかわらずかなり揉みあっていたので、それなりにロング方向でポジションを取りたい勢力がいたように思います。

一旦上昇しましたが、すぐ下降して実体で安値をつけたので約10pipsの損切となりました。

EUR/GBPが同時に大きな陽線をつけたので上昇、つまりGBPが下落していく流れになると判断したのも手仕舞いした一つの理由です。(赤の縦線)

EUR/GBP5分足

決済後すぐに上昇して利確ポイントまで伸びたので悔しいトレードになりました。さらにGBP/AUD、GBP/USDと素直に反転していったのが泣きっ面に蜂な感じでした。一番反転しそうな通貨ペアを選んでるハズなのに…

最近はこういったトレードが多いせいか「タジタジ病」を発症中で、こうなったらエントリーするぞっと思っていてもいざその価格にくると「本当にいいのだろうか?」「このまま抜けていくのでは?」と疑心暗鬼になりポジションを持てない事が多くあります。

勝ち癖がついてる時は逆に「ポジポジ病」気味になるのに、何とも自分は調子の良い人間だなぁと感じてる次第です。

今回もご覧になっていただきありがとうございました。また投稿いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。