4月28日 EUR/CAD ロンドン時間 

皆さまこんにちは。ウイングです。

今回はCAD/USDを取引してみました。

EUR/GBPは下げてきているのでEUR/GBPの弱い側のEURのショートをしたい…ただし0.84000は意識されているので反発する可能性も考慮していました。

EUR/GBP5分足

EUR/CAD4時間足では、直近の安値を実体で抜いているので下方向…

EUR/CAD 4時間足

1時間足でも意識されそうな安値を抜いているが、移動平均線からの乖離が大きいので一度戻す可能性もあるかなと思っていました。

EUR/CAD 1時間足EUR/CAD 5分足

実体で安値を更新して戻してきたので緑〇から戻り売りエントリー、損切&追加エントリーは直近高値とSMA100(緑線)が重なる場所で利確はとりあえず直近安値(緑の横線)で考えていました。

エントリー直後下げましたが下げ切らずに上昇したので黄色〇で2倍のロットを追撃エントリー…すぐに水色の〇まで下降しプラマイゼロになるも迷ってる(プロコンやエタパーと言われる一括決済を所持していないのでもう少し深くこないと順番にポジションを切ってる間にマイテンするのが嫌だった)うちに再上昇。

SMA100もブチ抜いて、さらに昨日の安値も抜いて確定…本来はここで確実に損切をしなくてはならなかったのですが、このチャートの形状で上に抜ける事はほとんどない…プロならピンクで囲った高値か、意識されそうなキリ番まで耐えるハズと損切ラインをずらして続行…紫のSMA200を抜けてきた所で含み損が大きくなり怖くなってきたのか我に返り実体でSMA200を実体で超えて確定したら損切しようと更にプランを変更。。

結果的に追撃エントリーしたSMA100あたりで今度は上昇の押し目になる可能性があると判断し紫〇で損切を確定…今月負けまくってる中でも最低のトレードが終わりました。

トレード終了後、何故損切を守る事ができなかったか考えてみました。

まず第一に今月が今まで一番悪い成績+今までの5倍のロットなのでコレ以上負けたくない思いがあった事。

二つ目は損切の後、反転して価格を戻すというのが何度もあり「損切のライン」に自信がなくなっている事。(単純に浅ければよいと言う問題ではなく、かなり奥が深い…)

三つ目はプロのトレード動画でエントリーから利確まで含み損をかかえず巡航するより、踏まれて追撃しまくってる方が最終的に普段より三倍五倍となってるのを見て憧れている事。(自分は追撃しまくるスタイルでないのに真似する事が意味不明)

以上のような事が考えられますが、四月はボラリティが大きく本当はエントリーしたい形状や通貨の強弱状態なのに損切までの距離が大きいからノーエントリーで取り逃してるのが多いと感じます。

でも何もせずにはいられないから強引にエントリーしていく…負けるの繰り返しで、結局素人トレーダーは相場に助けられると言うか自分のスタイルに合った相場でないと勝てないのかなぁと感じています。

一生懸命毎日勉強してやってますが、引き際や潮時を感じざるを得ない状態でなんとも情けない限りです。

3月が終わるころは1カ月1000pips目指してと思っていましたが、とんでもない事を考えていたなぁと思ってる次第です。

なんとか立て直さないと毎日奮起するも勝ったら負けるの繰り返しで精神的にくるものがありますが、また一歩一歩やっていくしかありません。

今回も読んで頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。