4月の成績!!

皆さまこんにちは。ウイングです。

今回は4月の成績を振り返ってみたいと思います。

その前に今日のトレードです。(USD/CAD)

4時間足高値を切り上げていってるので上方向に乗っていきたい…

1時間足意識されそうな高値を抜けてレジサポ転換している移動平均線はPO状態…

5分足

赤〇の高値を5分足で超えて昨日の最高値を越えてきたので(水色の点線)左側の赤の縦線の終値からロングエントリー、利確は緑〇の高値かあばよくば上のキリ番までいってくれないかなという感じ…損切は下のキリ番で考えていました。

エントリー時USDが強かったので一気に高値までいくイメージでしたが揉みあった後下落…キリ番まできたのでエントリー時の倍のロットで追撃、一瞬反転するような動きを示すも弱くキリ番を実体で抜けたので損切(右側の赤の縦線)

下の赤線のラインが最後の砦になるラインでしたがエントリー時のポジションとのリスクリワードが合わなくなってくるので、そこまで耐えられませんでしたが結果的にコッチのラインでしたね。

最近はこのような負けが本当に多く方向性はあってるのに一時の押しや戻しで刈られる事が多いです。

ちなみに今日のニューヨーク時間でも同じような負けを喫しました。

AUD/YPY5分足

緑〇でエントリー後に逆向したので黄色〇で追撃…抜けたので損切ったら、その上の高値が反応して下落…

どのくらいのロットを追撃するのか?何処まで耐えるのか?はいつまでも掴めないですね…いや本当に難しすぎます。。

さて4月の成績ですが13日取引しまして日ベースの勝敗は6勝7敗でした。

pips数で換算すると110pipsのマイナスとなりました。

何故3月は1度大きなマイナスになったのにも関わらず挽回できたのに4月はできなかったのか考えてみると…

3月の5倍のロットを張ってるのがプレッシャーになったのか、一度も逆張り飛び乗りをしませんでした。それが悪い方向にでてしまっている事。

後はトレードで損切をして負けた時に、さあ取り返すぞ!と日ベースでプラスに持っていく執念トレードも負けが込んでいたのが原因かロットのプレッシャーからか「負けが増えたら嫌だからやりたくない」というマインドになっていました。

その他にも負けの原因の一つにショートが絶望的に決まらなかったのが痛かったですね。

ロングはまぁまぁなのに何故こんなに差がでるのか…

資金状況もキレイなダウントレンド状態でこんなチャートだったらトレードも楽なんですがね(笑)勝ったと思ったら負けて、直近の安値を抜いて資金が湯水のように減っていきました。

5月に入ってもすでに60pips失ってしまったのでいよいよなのかもしれません。

今はただ何故あんなにも毎日自分が勝てていたんだろうか?自信を持ってエントリーできていたのか?解らなくなりました。

「自信喪失」って言うのはこのような状態のことなのでしょう。。

今回もご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。