6月20日 GBP/USD ニューヨーク時間

こんににちは。ウイングです。

6月いっぱいでトレードを辞めようかと思っています…その理由は今日のトレードの後に書きたいと思います。

まずは今日のトレード!

GBP/USD 日足

全体の流れは下落方向にあって安値も緑〇のように切り下げているので、戻り目をつけて下落し最安値を更新する前提で動くか…上昇方向とみるには最低赤〇3つを越えるか、水色〇を越えてほしい…

GBP/USD4時間足

緑のラインで引いた意識されそうな価格を押し目にして上昇方向に向かおうとしているが赤〇3つの価格のいずれかを抜くまでは、自分的には下方向とみている。

GBP/USD1時間足

4時間足で引いた意識されそうなラインは1時間足ではより鮮明にきいていると判断でき、一番左の緑〇は重要な戻り高値でそこを明らかに抜けているので私は上方向と見ていました。ただ水色〇の通り高値が切り下がってきている事と上位足である日足と4時間足が下方向の通り200SMAも下方向で一度当たって下げてるのが気になってました。

GBP/USD5分足

左の緑〇の高値を更新したので戻してきた所を狙ってました。20:55に近づくもヒゲで返され21:00が始まる…21:00の足で上昇していきそうになり1.22660でロングエントリーしました。(この時ポンドが一番強く連動性もあった)利確ラインは直近高値か、オレンジのラインのせいぜい4時間足のプチ高値ぐらいが関の山かなと考えていました。

損切ラインは5分足の直近安値と100SMA(緑のSMA)が重なるあたりで追撃し、それでも割っていくようなら切る予定でいました。

エントリー直後に当初入りたかった高値まで逆向し、そこから上昇して微プラに…何もせず22:00からラガルド氏が何か言ったのか一気に下落して損切ラインにきたのでエントリー時の3倍のロットを追撃の所をミスって4発撃ってしまいました。

さらに下落し200SMAでヒゲで返されて100SMAの下で足が確定…この時言葉では言い表せないのですが反転するような感じがしたのでそのまま続行、一旦は追撃した分が微プラになったのですがプラ転とは程遠いのでエグジットせず結局赤〇の200SMAを割ったあたりで足の確定を待たずに決済しました。

反省点:20:55の足で緑〇の高値に近づいた時にエントリーするか、21:00からもう少し待てばより有利な価格からエントリーも可能でした…そうすれば結果論かもしれませんがエントリー後、怪しい動きしてたので10pipsだけ獲って終わりにできてたかもしれません。

あとは、ラガルド氏発言を舐めてた事ですかね急激にドカンと動いたので少し焦ってしまいました。

やっぱりちょっと獲れれば良いかなぁが災いの元でしたね、結局上位足的に長く保有する事はできないと解っていたので、まぁアリと言えばアリかなぁと思いますが…やっぱりもう少し引き付けた箇所でエントリーしたかったですね。

それから私はbigbossさんの口座を使わせてもらっているのですが、ちょっと滑りすぎですよ!最初にエントリーしたポジションは10pips弱、追撃のエントリーのポジションも5pips弱も滑って合計で30pips近くも持っていかれてるんですが…一回一回ポジションを持つごとにスプレッドの他にロット数に応じて別途手数料獲ってるんですからよろしくお願いします。まぁ見てないと思いますが笑

さて6月で終了するかもと言ったのは、前回のブログで書いた通り5月の後半からもう一度最初からと言う気持ちで取り組んできました。

圧倒的にエントリーする数も減りまして、トントンぐらいで踏ん張っていた時はこんな感じだったなぁなんて思っていました。

1日見るだけでエントリー無しの日もあって退屈だなぁと思いながらも6月の6日から17日の2週間は一度の負けトレードもありませんでした。(エントリーが少なく8回ほどにまで絞ってましたが…)

ただ今日紹介したトレードだけで今月分のプラスを吹き飛ばして少しですがマイ転してしまいました。

2週間負けてなかったのにだたの1度の負けで、その分が吹っ飛ぶという事はもし明日同じような負けをくらったらその先2週間は負けられないという事になります。

こんなペースで勝ち続けて負けを引かないのは現実的でないと言うか、自分にはできないと悟りました。

どんな苦難も苦労も受け入れて必ず成しえると心に誓って取り組んできましたが、残念ながら志半ばで終わりそうです。

割と自分は何かを成し遂げられない人は努力不足なんじゃないかと考えるタイプでしたがコレ(FX)を真剣に取り組んで、本当はどんな分野でも運や天性的な部分と言うのはあるんじゃないかと人生観が変わりそうです。

とりあえず6月はプラスで終えて有終の美!?を飾りたいと思います。

今回も読んでくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。